2012年5月 4日 (金)

2011-2012年スキー録

先シーズンのスキーは、少ししかブログに上げてないので
備忘録を。

1回目 12/24-25  白馬栂池高原
2回目 12/30-31  白馬八方尾根
3回目 1/14-15   白馬岩岳
4回目 2/4-5    奥利根スノーパーク
5回目 2/19     白馬八方尾根
6回目 3/4     車山高原
7回目 3/17-18   白馬岩岳

締めて218,260円(ガス代別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

3/4スキー 車山高原

今年に入って1月に1回、2月に2回、今シーズン通算6回目は
日帰りで車山高原へ。

関東在住者には日帰り定番のスキー場だが、実は初めて。

P3040001

こじんまりとしたコンパクトなスキー場だが、ボーダーが少なく
スキーも上手い人が多い。

ただ、急斜面と緩斜面の構成で、中斜面が無いのが残念。

子供達はスキークロスのコースが気に入って、何本も入っていた。

Cross_2

寒くてアイスバーンで有名な車山。
山頂から写真を撮ったら、長いナメクジみたいな変な雲が。

P3040004

朝、9時過ぎから滑り出し、結局夕方4時過ぎまで滑り、お約束の
温泉に浸かって帰宅。

D0180182_15551458_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

12/30-31 スキー 八方尾根

2週続けての白馬。

今回は、ようやく全面オープン宣言した八方尾根へ。
 
1691_2
 
しかし、到着後、下の娘の様子がおかしい。
とりあえず、宿泊先にアーリーチェックイン。

急な発熱で次女動けず。
初日は長女と二人でゲレンデへ。

Img_0112

天気はまずまずだったが、所々にブッシュや石が露出。
自分の板も長女のも滑走麺に大傷を負う。

去年から白馬に出来たHEAD SPORTS STATIONに入院させる。

Main12_2
http://www.head-sportsstation.jp/hakuba/
 
 
翌日も次女の回復は見込めず、ペンションチェックアウト後に
まっすぐ帰宅。

まあこんなこともあるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

12/24-25 スキー 栂池高原(白馬)

今年もスノーシーズンがやってきた。

関西に来て最初の冬だが、帰省の手当てはきっとすべてスキーに

行くために使うことになる。

 

23日から連休だったが、22日の夜に仕事があったため

クリスマスの1泊2日となった。

 

積雪状況も微妙だったので、ギリギリまでウェザーニュースと

ゲレンデレポートをチェックし、前日に白馬の栂池に行くことが決定。

 

宿も押さえず、イブの早朝4時に白馬に向け出発。

 

天気は雪の予報だったので覚悟していたが、ゲレンデに着くと

ラッキーなことに晴れ。

ゲレンデも100%オープンじゃないし、クリスマスだし、大混雑も

覚悟していたが、かなりのガラガラ。

 

1804

前日まで降り続いた雪でコンディションも粉雪◎

 

午後からは雪が降り出したが、かなりGoodなシーズンのスタート。

宿は現地で調達。

家族4人でシーズンに5-6回は行くので、コストありきで宿泊を

割り切るのが我が家流。

 

ゲレンデがフルオープンでないこともあるが、ゲレンデサイドの宿で

1泊2食リフト1日券付き、温泉券付き、ゲレ食割引券付ききで

大人1人5800円。

 

ただし、部屋はエレベータなしの4階ロフト。

斜め天井は、高い方の壁際した直立できないいびつな構造。

夕食はチキンカツのワンプレートディナー。

Img_0102

 

クリスマスイブに泊まるホテルではないが、

でも、いいのである。

子供は秘密基地だといってはしゃいでいるし。

翌朝、極上のパウダーを味わえば、いいのである。

 

 

翌クリスマスの日。

降り続いた雪はかなり積もった様子。ウィンター仕様のマイカーも

この通りの埋もれ具合。ゲレンデの好コンディションを予感させる。

 

Img_0103

 

そそくさと朝食を済ませてゲレンデへ。

やはりガラガラ。

昔のクリスマスのスキー場は、もっと混んでいたような気がするが

これも時代なのだろうか。

 

1814_2

 

しかし、コンディションは最高。

子供といっしょに新雪にも突入。

朝9時から、夕方4時まで滑りまくる。

 

まずは、最高のシーズンインを迎えられた。

恒例のスキー後の温泉も格別。風呂上りの雪どけサイダーもうまい。

Photo

 

 

来週は、さらなる積雪が見込まれるため、八方尾根へ行く予定。

最後までもつのか? お財布。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

7/29 早朝ランニング

日曜日に約60分のランを行って、膝の痛みがほとんど
出なかったので、一日空けて、今朝また走ってみた。

気を付けたのは、蹴り出しの時、母指球を意識して
モモのインサイドの筋肉を使うようにすること。

ペースは、6′40″/kmのスローペースだが、以前から
走っていた近所の6.5kmコースを、多少の違和感はある
ものの、膝が痛むことなく走り切れた。

改めてネットで検索しても、内モモの筋肉を使う重要性や
トレーニング方法などがかなり出ている。

しかも、内腿には多数のインナーマッスルが存在するらしい。

Adduction01_2

改めて、へー、そなのかーと思ったが、やはり効果が
あるようだ。

内モモを鍛え、効果的に使うと良いのはランニングに限った
話でもなさそうなので、簡単なトレーニングからやってみるか。

しかし、すでに母指球にマメができているが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

3/10 ビーチラントレーニング

Img_4644_2

一昨日は会社の先輩宅で、久々に朝まで飲み、
昨日も打ち合わせ帰りに外食してしまったので
今朝は、早起きしてビーチラントレーニング。

空気が冷たく、富士山もくっきりときれいであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

3/5-6 スキー合宿 八方尾根 2(続き)

合宿2日目。

前日は早くに落ちたので、朝は6時に起床。
レッドくん、筋肉痛でしばし動けず。

昨晩ワックス掛けもせずに寝てしまったので
まずは、朝飯前にワックス掛け。

早朝からごそごそ動いていたので、7時半の朝食を
7時に早めてくれた。

朝飯ももちろん定番的合宿めし。この卵焼き、昔からあるやつ。

Img_0243

そして、朝から大盛り3杯のメシをかっ食らうレッドくん。

Img_0245
 
 
2日目も晴天の八方尾根。8時にはゲレンデに出る。

P3060023
 
 
早い時間はゲレンデがグルーミングされていて、大回りで
飛ばすと気持ちいい。

朝いちのバーンを堪能しながら、名木山ゲレンデへ向かう。

Img_0246
 
 
合宿メニュー2日目の午前は、スクールへの入校。

Img_0247_2
 
 
スキースクールを受講するのは、何年ぶりだろうか。
しかも、八方尾根スキースクールは技術選で上位に入賞するデモが
多く在籍しており、国内でも有数のスクールとして評価が高く、
未だにコアなスキーヤーの憧れでもある。

スクールの受付を済ますと、柱に見つけたポスター。
この2日、上級者が集まる八方尾根とは言え、あまりに
上手過ぎるスキーヤーが多いな、と思っていたら、これ。

Img_0248

各ブロックの予選を通過した参加者60名が練習していた
ということで、納得。

http://www.hakuba-happo.or.jp/48gisen/
大会は、明日からスタート。

甲信越ブロック予選の丸山選手(昨年の優勝者)の不整地
小回りの映像を発見。ハンパない!


 
 
スクールでは、上級者コースで受講。
昨今の雑誌等で飛び交う流行の技術論を、担当のベテラン講師は
真っ向から否定。技術選すらも揶揄する型破りなお方。

しかし、流行や格好に流されないシンプルかつ根幹的な技術論で
指導して頂き、いくつもの目からウロコがあった。

午前のスクールを終え、レッドくんと再度合流。
レッドくんのスノボスクールも有意義だったらしい。

でもって、合宿2日目午後の部再開と思ったら、強風が吹き始め
あっと言う間にスキー場の半分以上のリフトが止まってしまう。

取り敢えず遅めのお昼をとりながら回復を待つが、回復の
見込みもなく、全リフトが止まらないうちに、車の置いてある
咲花ゲレンデへ移動。

このゲレンデの下部エリアは緩斜面しかないので、少々もの足りないが
まあ仕方ないので、レッドくんとビデオの撮りっこを始める。

ところが、3時半過ぎに咲花ゲレンデで唯一の中急斜面がある
ロングリフトが稼働。

しかし、このリフトで上がると最後は1日目にレッドくんが
板を外して下山したあのコブ斜面を降りないと帰れない。

いやがるレッドくんを「これ1本で終わりにするから」となだめて
上にあがる。

上がるとやはり風が強い。そのせいで、急斜面はアイスバーンに。

P3060024_2
 
 
ビデオ撮影のため、アイスバーンを降りていくレッドくん。

Img_0250

レッドくんも撮影してあげようとしたが、丁寧なお断りがあったので
そのまま下へ。

そして、最後のコブへ。

レッドくんの運命や、いかに!?

先に降りて、しばらく待っていると、ボードを付けて滑りながら
降りてくるレッドくんが。

Img_0251_2

これが合宿の成果なのだよ、レッドくん。

約束通り、この一本を最後に帰還することに。

2日間の合宿を名残惜しむレッドくん。

P3060026
 
 
合宿のシメは、やはり温泉。

Img_0253_2

そして、すき家。
レッドくん、合宿中も「痩せなきゃヤバイっす」を連発していたが
注文したのは、高菜明太マヨ牛丼のメガ盛り1129kcalなり。

Img_0254

最後までおもろいレッドくんでした。


お疲れ様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/5-6 スキー合宿 八方尾根1

半ば強引に家族の了解を取り付け、今シーズン初の
単身スキーに行く。

最初は、何人かの同行メンバーが予定されていたが、
最終的には、会社の後輩のレッドくんとの2人合宿となる。

早朝、葉山集合にて4時半に出発。
八王子ICから中央高速&長野道で一路白馬へ。

八方尾根到着は、9時半。
車で着替えて、すぐさまゲレンデへ。

八方尾根では、初の晴天。まずは、絶景3連発から。

P3050011_2

P3050015

P3050016

どっちの向きが何の山だかわからないが、とにかくキレイである。
 
 
10時前にはリフトに乗り出すという順調な滑り出し。

しかし、ここのスキーヤーは朝が早く、10時も過ぎると
ゲレンデはかなり荒れてきている。

実は、現地でもう一人の会社の後輩Kくんと待ち合わせを
していた。

Kくんは一人で八方日帰りという強者。
9時前から黒菱を攻めているとのことで、黒菱のゲレ食で
待ち合わせた。

が、ゲレ食に向かう最後の斜面、選択をミスる。
黒菱に突っ込むも、あえなく完敗。
中腹で転倒すると、ストックが雪に埋まって消えてしまう。

かなり探すが見つからず、あきらめてレンタルするかと
降りようとしたとき、幸運にも埋もれたストックを発見。
事無きを得るが、待ち合わせには大幅遅刻。

既にゲレ食は、大混雑だったが、先に到着していたKくんが
席を取っていてくれた。感謝!

午後は、Kくんもジョインして数本滑走する。
ガッツのある突っ込みで、急斜面のコブに入っていくKくん。

もう、真似できないなーと、歳を感じる。

八方尾根山頂で、Kくんとレッドくん。

P3050014

途中、Kくんと別れ、レッドくんとの合宿再開。

主にはお互い交互にビデオを撮り合いながら滑る。

かなり滑ってヘトヘト気味だったが、最後の方で
咲花のコブコースを降りる。ここでレッドくんがギブアップ。

なかなか降りて来ないなぁと待っていたら、板を抱えて下山する
レッドくんの姿が遠くに見えてきた。

Img_0238

もう一本行こうと思ったが、ここでリフト終了のアナウンスが。

戦い済んで日が暮れて、お疲れモードでたたずむレッドくん。

P3050019

という事で、合宿1日目は終了。宿に向かう。

今回宿泊の清美山荘は、ゲレンデから徒歩で5−6分と近い。

しかも、1泊2食(1日リフト券、温泉券付き)で8400円と
白馬最安!

なので、部屋は思いっきりの合宿モード。

Img_0239

ある意味、合宿気分が盛り上がるとも言えるが、
テレビがこの高さにあるのは意味不明である。

Img_0242

どうやっても映像は見えないので、物干しにさせてもらう。

でもって、晩飯も見事な合宿メシで気分は更に盛り上がる。

Img_0240

ヘトヘトのレッドくん、行きの車中で太り過ぎを気にしている
コメントがあったが、大盛りメシを3杯かっ食らっていた。

Img_0241
 
 
風呂に入って、ビールを2缶、酒の飲めないレッドくんは
ジュースで、眠気がマックスに。

ゲレンデで撮影したビデオをチェックし、8時には二人とも就寝。

明日へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

3/2 ビーチラントレーニング

Img_4705
庭のブルーベリーも芽を吹き始める。

今朝も起きれたので、ヒザ強化のためのビーチランへ。

昨晩からの雨が朝には上がる予報だったが、外に出て
みると小雨がパラつく。

30分ほどラン&スクワットをするが、やはり少し
ピリっとした痛みがヒザに走る。

治んねーのかな、これは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

3/1 ランニング

Img_4719

今日から3月。

正月に痛めたヒザのせいでかなり運動量が
減ってしまった約2ヶ月。

体重、体脂肪率ともにじわじわと上がり始めたので
意識的に朝ランをしようと決意してみる。

とは言え、またヒザを痛めてしまうと元も子もない。

しばらくは、ショートビーチラン&下半身筋トレ。

今朝はそんなに寒くなく、30分ほど体を動かすと
汗がジワっと出てくるようになった。

春、近し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧